About us.

チョコデリとは?

chocolate deliveryの略。

来るバレンタインデー.2011年ガーナにあるカカオ農園にチョコレートを届けに行くという学生プロジェクト。

 

なぜかって?

 

”カカオ農園で働く子供たちはチョコレートを食べたことがないから。”

 

カカオ農園で働く子供たちにチョコレートを食べさせてあげたい!

そこから動き出したこのプロジェクト。

 

私達にとってのチョコレート。それはすぐに手にとって味わえる嗜好品。

でもカカオ農園で働く彼らにとっては.......

 

”どこか遠くに存在する謎の食べ物”

 

それって不思議なこと。

 

チョコレートの一番の原料であるカカオを作る彼らが出来上がったチョコレートを

 

”食べたことも見たことさえない”

 

文化の違い?

 

それだけでは終わらせたくない。

 

今幼くして働いている子供たちはいっぱいいる。

 

政治.文化.歴史。

さまざまなものが絡み合って現在の状況は作り出されてる。

 

カカオ農園で働く子供はもちろん、サッカーボールを縫う子、鉱山で働く子、道端で花やお菓子を売る子、人の家で使用人をする子。

 

さまざまなこどもたちがさまざまな理由で働いている。

 

家庭の環境や売られた子供は容易に学校へは行けない。

 

学校へ行けないとなると読み書きができない。

 

もしなりたい職業があったとしても学校にいっていないとなれない。

 

そういう壁にぶつかることもある。

 

ずっと今いる環境から抜け出せない。

 

未来の選択肢がないこと、それはとてもつらいこと。

 

はるか昔から続いた仕組み

 

それは簡単には変えることはできない。

 

沢山の組織が何年もかけていろんなアクションを起こしている。

 

でもまだ児童労働や人身売買という悲しい現実は存在する。

 

でも!

 

確実になにかは変えることができる。

 

チョコレートを届けよう!

 

非難されるかもしれない、笑ってくれないかもしれない。

 

心配はいっぱいある。

 

でももしチョコレートを食べておいしいと感じたら?

 

どれだけ人を笑顔にさせてるか知ったら?

 

こんなに素敵なものを作っていると知ったら?

 

自分のことを遠くからでも気にかけてくれる人がいると知ったら?

 

なにか希望が生まれるかもしれない。

 

その期待を胸にチョコレートを届けに行きます!

 

 お問い合わせ

chocodeli0214@gmail.com